エアコンの修理

エアコンは車内に快適な空間を作り出してくれます。
現在はオートエアコンで1年中快適な運転が出来ます。
そのエアコンもトラブルとは無縁ではありません。臭いが出る、異音がする、冷えない等様々です。
少し違いますが冷凍車、定温車等の業務用トラックなども同じです。
以下に主な症状を簡単にまとめてみました。

pic001.jpg

症状

●臭いが出る(エバポレーターが汚れているとカビなどが発生して臭いが出ます。フィルターが無い車に多く見られます。)

●異音がする(コンプレッサーの不良)

pic002.jpg pic003.jpg

 

 


●風量が少ない(フィルターが詰まっている エバポレーターの詰まり フィルターの交換時期の目安は一万5千k〜3万kです。粉塵の多い場所及び花粉などで交換時期は変わります。)

pic004.jpg


●冷えない
エアコンガスの不足、洩れ、パイプの破損、Oリングの破損、サイクル内の詰まり(サイクルとはエアコンを構成する部品全体を指します。)

pic005.jpg pic006.jpg


●その他(圧力スイッチの接点不良、エアコンヒューズが飛ぶ、電動ファンが回らない、マグネットクラッチの不良など)

pic007.jpg


エアコンの点検にはガスを使います(使用した本数により費用は変わります)
尚、スタンドなどでエアコンオイルの補充を進められる事が有りますが、基本的にはオイルを足すことは有りません
故障の原因になります。エアコンガスも同様に正常ならばガスが減ると言う事は有りません。
また、規格の違うガスを入れても故障の原因となる事が有りますので注意が必要です。

●エアコン用ホースの修理も承っています。

pic008.jpg pic009.jpg


 

▲ このページのトップを表示