ETC2.0概要

ETC2.0概要

「ETC2.0]とは、今までのETCの高速道路利用料金収受だけでなく、渋滞回避や安全運転支援といった、ドライバーに有益な情報を提供するサービスです。さらに今後、街中での駐車場料金の支払いや車輌の入庫の管理などにETCの多目的利用が推進されています。

将来的には、まだまだ工夫することで新しいサービス展開の可能性があります。

index_logo_etc.png



仕組み

ETC2.0でサービスされる情報は、高速道路上に設置されているITSスポットからクルマに自動的に送信されます。

ITSスポットは全国の道路上を中心に、約1,600か所に設置されており、ここを通過するたびに、新しい情報が自動送信されます。

its_sikumi.jpg

※ETC2.0車載器によって適用するスマートフォンが異なります。



ETC2.0新サービス

2016年度から実施中のサービス

圏央道利用分について料金水準を2割引き

 

2016年4月からは、首都圏の圏央道の料金水準が約2割引きになります。

kenoudou_ryoukin.jpg

 

 

 

今後導入が予定されているサービス

@一次退出・再侵入の料金同一化

災害、事故、給油目的などで高速道路を一時的に退出して、再侵入した場合、退出せずに連続して走行した際の料金とみなします。

ichijitaishutu_ryokin.jpg

 

 

A渋滞を避けたルートを選択して料金割引

ETC2.0では走行経路情報を活用した新サービスが予定されています。例えば渋滞が激しい大都市圏で、環状道路などを使って同じ目的地に向かう場合、渋滞を避けたルートを走行した時に高速道路料金が割引になるサービスが検討されています。

ukai_waribiki.jpg

▲ このページのトップを表示

自動車バッテリーの株式会社 電星(Brite Star Battery ブライトスターバッテリー)

▲ このページのトップを表示