アイドリングストップ車とは

アイドリングストップは駐停車や信号待ちなどの間にエンジンを停止させることで、燃料節約と排出ガス削減の効果を実現するものです。

アイドリングストップが理想的に行われると、14%程度燃費が向上するといわれています。エンジン再始動時にかかる燃料と、5〜15秒エンジンを停止することで節約される燃料の量がほぼ等しいので、その時間以上停車する場合は、アイドリング・ストップした方が燃料消費が少なくなると試算されています。
※ 効果時間は車種により異なります

また、1日10分間のアイドリングストップによって、乗用車1台あたり1年間でCO2排出量が約120kg削減されるとの試算もあります。

 

アイドリングストップの流れis001.jpg

 

耐久性+充電性能の高いカーバッテリーをお探しですか?

アイドリングストップ車向けバッテリーの販売、交換ならお任せください。

 

エコカー専用(アイドリングストップ車向け)バッテリーの紹介

▲ このページのトップを表示

自動車バッテリーの株式会社 電星(Brite Star Battery ブライトスターバッテリー)

▲ このページのトップを表示