充電制御車とは?

充電制御システムとは、オルタネータの発電を制御することで、エンジンの負荷を軽減し燃費を向上させることを目的としたシステムです。近年発売されている多くの車両に搭載されています。 

 

オルタネータの役割
alternator-orutane-ta.jpgオルタネータは車両に搭載されている発電機のことで、エンジンの回転力を電気エネルギーに変換する装置です。オルタネータが回転することにより、車載バッテリーを充電します。
オルタネータを回転させるためにエンジンパワーの約5%が消費されているといわれています。

 

 

充電の制御方法

juuden-seigyo001.jpg
従来車は、オルタネータの発電電圧を高くして常にバッテリーが満充電になるように制御しています。充電制御車は車両の走行状態により、オルタネータの発電電圧を制御しています。
加速時のエンジン負荷が高いときには発電電圧を下げ、エンジン負荷を減らします。
減速時には発電電圧を上げ、積極的にバッテリーを充電することでエネルギーを有効活用します。(回生充電)
充電制御可能な条件が揃ったときは、無駄な発電を制御しエンジン負荷を減らしています。

 

充電制御車にはこのようなステッカーが貼られている多い
※ 貼られていないこともあります

nenpikijun001.gifnenpikijun002.gifnenpikijun003.gifnenpikijun004.gif
nenpikijun005.gifnenpikijun006.gifnenpikijun007.gif

 

juuden-seigyo002.jpg

 

充電制御車に最適なエコカー専用バッテリー

▲ このページのトップを表示

自動車バッテリーの株式会社 電星(Brite Star Battery ブライトスターバッテリー)

▲ このページのトップを表示