Q.半年ほど前にバッテリーを新品に交換しましたが、スターターが回りません。

Q. 半年ほど前にバッテリーを新品に交換しましたが、スターターが回りません。(JAFでジャンピングしてもらいエンジンはかかりました。)自動車修理工場で点検してもらいましたが、オルターネータは発電しており漏電も無いということでした。
 
A. 漏電は無くとも自動車にはバックアップ電流が流れております。通常0.01アンペアから0.05アンペアぐらいです。だいたい1日で約1Ah(アンペアアワー)弱放電してしまいます。もし2週間乗らなかったとすると、約14Ahぐらい放電します。もし50Ah前後容量のバッテリーを搭載していたとすると4分の1以上が放電してしまった事になります。
この放電量分(失われた分)の全てをオルターネータにより一度の走行充電で取り戻せればよいのですが、仮にバッテリー容量の約95%しか充電できなかったとし、このような乗り方を繰り返せば数ヵ月後バッテリーはあがり(過放電状態)、スターターが回らないまでに放電してしまいます。
つまり車に異常が無くとも [半年間の総放電量半年間の総充電量] であればバッテリーはあがってしまいます。参考 JAFホームページhttp://www.jaf.or.jp/rservice/data/battery/index.htm
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)

▲ このページのトップを表示

自動車バッテリーの株式会社 電星(Brite Star Battery ブライトスターバッテリー)

▲ このページのトップを表示